アパート経営での不安

私は、アパート経営をしようかと検討しています。親から土地を譲り受けることが決まっているため、これらの土地を生かして、アパート経営を考えています。

しかし、アパート経営をする上で、不安や迷いなどが実際にあるのも、事実です。アパート経営の不安ですが、主にリスクがあるということが不安の一つです。

まず、アパート経営というのは、空室になってしまうというリスクがあるというのが懸念材料だと思います。
不動産投資というのは、部屋に人が入っている状態で初めて収入が出るので、空き部屋が長くある状態ですと収入はがくっと激減してしまうと言えるでしょう。

すると、計画にも支障が出て仕舞いかねません。また、アパート経営の場合、入居者とのトラブルなども懸念材料であると言えるでしょう。事前に契約書を交わしていたとしても、今の時代何かしらトラブルが発生したという事例も意外と多いです。空き部屋は不動産投資の一番のリスクが多いと聞きます。

このように、アパート経営は不安材料もあるのが事実です。アパート経営では、特定の入居者を頼りにしているケースがあります。しかしそういう経営スタイルは、それなりにリスクが高くなる事もあるので、注意を要するのです。

例えば、特定の会社による利用です。時にはどこかの会社に通勤している方々の大部分が、マンションに入居してくれる事もあります。マンション近くにある大きな会社があって、そこに勤務する方々の多くが、入居してくれるパターンもあるのです。一見すると、それはとても良さそうには見えます。

ところが会社というのは、情勢に応じて状況も変わってくるのです。ある時まではある地域に立地している会社も、時期が変化すれば事務所移転などもあり得ます。もちろん会社が移転してしまえば、入居者が見込めなくなってしまうでしょう。

現にそれが一因で、マンション経営が赤字になってしまったパターンもあります。ですから特定の会社や学校の入居者を、あまり当てにしない事も大切です。状況に応じて入居者が変わる可能性もあるのは、やはり考慮しておくべきでしょう。

PR|貯蓄|お家の見直ししま専科|サプリメント|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|生命保険の選び方|サプリメント|JALカード|初値予想|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|童話|